1. TOP
  2. チャーシューを使ったレシピ
  3. いっぱい出来た手作りチャーシューで献立を立てよう!

いっぱい出来た手作りチャーシューで献立を立てよう!

チャーシューを使ったレシピ この記事は約 5 分で読めます。 6,523 Views

チャーシューをそのまま添えるだけでは栄養バランスも偏ってしまいがち。

栄養バランスの良いチャーシューを使った献立(メインディッシュ・アレンジレシピ他)をご紹介します。

チャーシューを使ったチャーシュー丼やチャーハンの献立もおいしくておすすめです。

チャーシューを入れた献立メニュー

Dollarphotoclub_93440316_R

手作りチャーシューをたっぷり作ったら、さらにいろんなメニューに生かして料理のバリエーションを広げましょう。

おいしいチャーシューがあればいろんなアレンジレシピにチャレンジできるので、今日の食卓がワンランクアップします。

ここでは手作りチャーシューをメニューの中に取り入れた献立をご紹介します。

栄養バランスやいろどりを考えて、ステキな楽しい食卓にしましょう。

AdobeStock_38408216_R

一つ目の献立は、主菜に白髪ねぎと水菜をそえたチャーシューと副菜には厚揚げの甘辛炒め。

主菜は白髪ねぎと水菜を切るだけですが、チャーシューを作った時に一緒にとっておいたタレをかけるとよりおいしいおかずに。

副菜の作り方ですが、必要な材料は厚揚げの小さいもの2個・酒大さじ1・オイスターソース大さじ1強・オイスターソース大さじ1強・砂糖小さじ1強・ごま油大さじ0.5・あれば刻んだ万能ネギを少々。

初めに厚揚げを食べやすい大きさに切り、ザルに入れて熱湯をかけて油抜きをします。

Dollarphotoclub_64398287_R

その後ごま油を入れたフライパンを火にかけ油揚げを入れて炒め、酒、砂糖、オイスターソースの順で加えて混ぜ、よく汁を絡めるようにして厚揚げに吸わせましょう。

汁気がなくなってきたらできあがり。

盛り付けて万能ねぎを散らしたら食卓へ。

さらに添えるなら、レタスとスライストマトのサラダにドレッシングをかけたものなどがおすすめ。

ごはんのおかずにもお酒のおつまみにもなる献立です。

AdobeStock_66602117_R

二つ目の献立は、ご飯をネギトロ丼にし主菜をチャーシュー、副菜に油揚げと小松菜のおひたし。

まずネギトロ丼はまぐろのすきみをお好みで用意し、丼にご飯をよそって大葉または刻みのりをそのままのせ、その上にまぐろのすきみをのせます。

すきみが少ない時はシラスをプラスすると豪華に。

最後はしょうゆ大さじ2とごま油数滴を垂らしてできあがりです。

それからチャーシューはお皿に盛り付けるだけで、食べやすい大きさに切ってもレタスを敷いて野菜をそえてもOK。

AdobeStock_90480936_R

副菜のおひたしに使う材料は、小松菜1束・にら4本・油揚げ1枚と味付けにめんつゆ大さじ1・ポン酢大さじ1・からし小さじ1。

初めに油揚げを半分に切り5mmの厚さに切り分け、フライパンで炒めます。

小松菜とにらはサッとゆでたあと水にとり冷ましてから、3~4cmの食べやすい大きさにカット。

最後にボウルで小松菜、にら、味付けの調味料を混ぜ合わせて油揚げを入れてからサッとまぜればできあがり。

野菜不足を感じたときにすぐ足せる簡単な一品です。

チャーシュー丼や焼豚チャーハンの献立も◎

AdobeStock_64157484_R

チャーシューをそのまま盛り付けて主菜にしてもOKですが、ごはんに混ぜたりのせたりしてもおいしい献立ができあがります。

今度はチャーシューを材料に使った献立として、チャーシュー丼やチャーハンのレシピのご紹介です。

一品料理の周りにいろんな副菜をそえることで栄養バランスもアップ。

より豪華な食卓にもなり、家族や訪問したお客さんなどからも喜ばれます。

AdobeStock_44073539_R

まずチャーシュー丼を入れた献立では、主菜がチャーシュー丼、副菜が玉ねぎとみょうがのスープにきゅうりと塩昆布の浅漬け。

チャーシュー丼は少しアレンジを加えてネギチャーシュー丼にするため、白髪ねぎを作り水にさらしてシャキッとさせておきます。

水気はキッチンペーパーでふき取っておきましょう。

チャーシューは4mmほどの厚さにスライス。

フライパンでごま油大さじ2を熱して白い煙が出てきたら白髪ねぎにかけ、そこへチャーシュー、お好みの量の豆板醤、チャーシューのタレを加えてまぜます。

AdobeStock_51324151_R

しょうゆは味を調えるために必要であればたしましょう。

あとは丼のご飯の上にのせるだけ。

次に副菜のスープは、最初に玉ねぎ8分の1個、みょうが1個・あればお好みで大葉を薄切りにしておきます。

お鍋に水400ccを沸騰させて、薄切りにした野菜と顆粒コンソメ小さじ1・酒大さじ1・塩少々を入れて1~2分ほど煮ましょう。

再び沸騰すればできあがりです。

シンプルな具材を使ったさっぱりとした味わいのスープなので、こってりしたチャーシュー丼ともよく合います。

AdobeStock_86978479_R

最後に浅漬けは、きゅうり2本を洗って斜めに切ってビニール袋にさらに塩昆布15gと塩小さじ4分の1をたして10分もんだらできあがり。

それからチャーシューを使ったチャーハンの献立は、主菜にチャーハン、副菜に塩ゆでブロッコリー。

チャーハンに必要な材料は、チャーシュー2~3枚・卵1個・塩少々・白ネギ5cm・ご飯230g・鶏がらスープの素・しょうゆ小さじ0.5・塩こしょう少々。

初めにチャーシューを5mmの幅に切っておき更に6~7mmの角切りに、ネギはみじん切りにしておきます。

AdobeStock_71124804_R

そして塩を加えた卵を溶きほぐし、熱したフライパンに油をひいて卵を炒めたら一度取り出しておきます。

さらに油を足してチャーシューを炒めたあとネギをさっと炒めましょう。

そこへご飯をいれて鶏がらスープを加え、取り出しておいた卵を戻して素早く炒めて塩コショウで味を調えます。

しょうゆは最後に加えてサッと炒めればできあがり。

AdobeStock_56566392_R

副菜の塩ゆでブロッコリーは、ブロッコリーを水でよく洗ってから茎を切り小房に分けます。

茎が硬い時は皮をむいて切り分けましょう。

時間がある時は一晩塩水につけておくと房の中に虫がいても逃げ出します。

鍋で湯をわかし塩を入れ、沸騰したところで茎から先に茹でましょう。

20秒ほどしたら房の部分を入れて1~2分したザルにあげ、うちわであおいで冷まします。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 時間をかけてじっくりと!激うまおつまみチャーシューの作り方

  • チャーシューの煮汁アレンジ!使い回せるとっておきのレシピ

  • 自宅で作れちゃう!思わず作りたくなる焼き豚レシピ4選

  • 半熟卵がタレにからんでたまらない!今治の焼豚玉子飯とは

  • おつまみやラーメンの具に!ピリ辛が決め手のねぎチャーシューのレシピ

  • チャーシュー料理の定番って何だろう?チャーシュー出没料理を探してみた