1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. クックパッドで話題!濃厚甘タレの黄金焼豚のレシピ

クックパッドで話題!濃厚甘タレの黄金焼豚のレシピ

 2015/12/25 チャーシューの作り方 豚肩ロース この記事は約 5 分で読めます。 2,030 Views

クックパッドは検索件数NO.1のレシピサイトです。

さまざまなレシピが掲載され、多くの主婦の強い味方となっているサイトです。

中でも人気のある濃厚タレの焼豚のレシピを紹介しましょう。

また料理を失敗しないコツについても解説します。

レシピ・作り方

AdobeStock_38846207_R

料理をしている人ならもちろん、料理をあまり知らない人でも「クックパッド」という言葉を聞いたことがあるのではないでしょうか?

アクセス数・登録レシピ数ともに日本一のレシピサイトが「クックパッド」です。

「今日の晩御飯、何にしようかな?」と悩んだ時に、すぐに献立や食材の検索ができ、レシピ数が多いことから、さまざまなレシピから自分に合ったものを選ぶことができるという便利なサイトです。

そのクックパッドで話題となっているのが、濃厚甘タレの黄金焼豚のレシピです。

濃厚な甘いタレが決め手の焼豚レシピを紹介しましょう。

AdobeStock_72101283_R

材料は豚肩ロースブロック、砂糖、しょうゆ、酒、オイスターソース、にんにく、しょうが、味噌です。

レシピは次の通りです。

すりおろしたにんにく、しょうが、砂糖、しょうゆ、酒、オイスターソース、味噌を混ぜあわせて軽く煮詰めます。

それが冷めたら、肉と一緒にジップロックに入れ、冷蔵庫で1~3日間漬けこみます。

途中で上下をひっくり返し、タレがまんべんなく肉にしみこむようにします。

冷蔵庫から取り出し、常温にもどします。

煮汁は鍋で煮詰め、濾してタレにします。

AdobeStock_81117823_R

天版に網を乗せ、余熱をした200℃のオーブンで約40分焼きます。

途中、上下をひっくり返し、焦げないようにまんべんなく焼き上げます。

冷蔵庫で漬け込むことで味がしみこみやすくなります。

脂が出るので天板の上にアルミ箔を敷いておくといいでしょう。

片づけが楽になります。

煮汁を煮詰める際には、とろりとする状態まで煮詰めるといいでしょう。

味噌を使うことで、まろやかで甘みのきいたタレができます。

AdobeStock_73670109_R

オーブンを使って調理をすることで、時間も短く手間もかかりません。

火加減などの調節もいらないので、失敗も少ないですね。

クックパッドのレシピは分かりやすくて、料理が得意でない人にとっても簡単にできるレシピが多いです。

作る際に注意したい点や、コツなども掲載されているので参考になります。

AdobeStock_49468219_R

また、実際にそのレシピを見て作った人の感想などを掲載しているコーナーがあり、それも参考になります。

さらにそのレシピを使った献立を見ることができたり、似たレシピを探したりするのも簡単にできます。

さまざまなレシピを見比べて自分のできそうなレシピや作ってみたい料理を見つけて作ることができるのはうれしいですね。

クックパッドを利用して、おいしいチャーシューやいろいろな料理にチャレンジしてみましょう。

家族の喜ぶ顔が浮かびます。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_87969772_R

クックパッドはレシピ検索数NO.1のレシピサイトです。

本当に数多くのレシピが掲載されているので、自分の作りたい料理や献立に悩んだ時などに非常に役に立ちます。

一つの料理に対するレシピの数も多く、バラエティーに富んでいるので、さまざまなレシピを見ることができるのも人気の一つでしょう。

クックパッドはプロの料理人というより、一般の主婦が実際に作っている料理を掲載しているので、分かりやすいのも魅力です。

AdobeStock_60732768_R

しかし、そうはいってもすべてにおいて成功するとは限らないのが料理です。

レシピ通りに作っているつもりなのに、チャーシューの肉が硬くなってしまった、味が濃くなってしまった、味がしみていない、などの失敗もあります。

それはどうして起こってしまうのでしょうか?

料理の失敗の原因の一つは味見をしないことです。

途中で味見をせずにレシピに書いてある通りにしょうゆを入れ、塩を入れ、とやっていると味が濃くなってしまうということがあります。

いくらレシピに書いてあっても、使用しているしょうゆなどの調味料の種類や、調理器具による火の通りの違いなどにより、全く同じように作れるわけではないのです。

AdobeStock_90874134_R

調味料の計量においても、誤差は出てしまうものです。

それを防ぐのが味見です。

正確な分量で作るよりも、自分の舌で味を確認することが、失敗を防ぐ方法の一つですよ。

ただし、何回も味見をしていると味が変わってしまうこともあるので、味見は3回までにしておきましょう。

AdobeStock_46295492_R

チャーシューの失敗の原因ともなるのが火加減です。

レシピには中火、中弱火など火加減についても書いてありますが、中火と書いてあるからといって、ずっと中火でいいのか、というとそうではありません。

使用するフライパンによっても火の通りが異なります。

調理器具によって火力は異なるもの。

火加減を調節しながら作るのも失敗を防ぐコツですよ。

AdobeStock_73203659_R

水分が多くなってしまいべちゃべちゃとした感じになってしまう、ということもよくあること。

野菜は水分が出やすいので、注意が必要です。

水洗いした後はしっかり水分を取ることが大切です。

また鍋についている水滴も水っぽくなってしまう原因の一つ。

 AdobeStock_49680471_R

それだけで?と思うかもしれませんが、長時間煮込むチャーシューなどは、フタの水分で味が変わってしまうこともありますよ。

細かい点にも配慮することが、失敗を減らすコツです。

クックパッドにはさまざまなレシピが掲載されています。

まずは自分ができる程度のレシピを選び、失敗のない料理を作りましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 人気の簡単チャーシューレシピ3選

  • ラーメンに入れたい!箸でちぎれるとろとろチャーシューレシピ

  • レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

  • 手作りチャーシュー!おいしく味を整えるために

  • 簡単絶品!味を比べてほしい叉焼のレシピ

  • 甘みがポイント!オーブンで作るチャーシュのレシピ