1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. 圧力鍋でできる!しっとり美味しい塩チャーシューのレシピ

圧力鍋でできる!しっとり美味しい塩チャーシューのレシピ

チャーシューの作り方 圧力鍋 豚バラ 豚肩ロース この記事は約 5 分で読めます。 4,917 Views

煮込むのに時間がかかるのがネックのチャーシュー。

そんなチャーシューも圧力鍋を使えば時間短縮で作ることができます。

ここで紹介しているのはしっとりおいしい塩チャーシューのレシピです。

いつものチャーシューに飽きたら、ぜひ試してみてください。

おいしく作るコツも紹介しています。

レシピ・作り方

AdobeStock_38425642_R

チャーシューというと連想するのはラーメンの上にのっているような醤油味のものでしょうか。

ここではいつものチャーシューとは一味違う、サッパリ塩チャーシューをご紹介します。

サッパリ塩味と脂身とろとろが組み合わさった塩チャーシューは、ぜひ一度作ってみてほしいおいしさです。

ご紹介するレシピでは圧力鍋を使います。

圧力鍋を使えば簡単にとろとろのチャーシューを作ることができます。

AdobeStock_73214959_R

まずは材料をご紹介します。

お肉は豚バラブロック(600㎎)。

調味料にお酒(200ml)、みりん(100ml)、塩(小さじ2)を用意します。

あとはニンニク(ひとかけら)、青ネギ(青い部分、1本分)、昆布(10cmくらい)、これだけで作れます。

材料のほかには肉を縛るタコ糸があると良いです。

それでは作り方です。

肉は圧力鍋に入るサイズに切ります。

AdobeStock_72101283_R

形のキレイなチャーシューにしたかったら、ここでタコ糸を使い豚肉きつく縛っておきます。

縛っておくと煮崩れ防止にもなります。

豚肉はフライパンで表面に焼き色が付くまで焼きます。

中まで火を通す必要は無いので、転がして全面に焼き色が付けば大丈夫です。

圧力鍋に焼いた豚肉と、お酒・みりん・塩の調味料とニンニク・ネギ・昆布の材料を加え、豚肉が浸るようにします。

蓋をしたら強火で加熱します。

AdobeStock_78673771_R

お使いの圧力鍋の使い方にそって加圧をして、弱火にしてください。

圧が抜けたら蓋をあけて一度お肉の上下を返しておきます。

もう一度弱火で25分ほど加圧してください。

圧が抜けたら蓋を開けます。

蓋を少しずらして中火で約10分煮込みます。

このとき一緒にゆで卵を入れておくと、塩味の味付け卵も一緒に作れます。

AdobeStock_78488258_R

火を止めたら蓋をして10分ほどおいて、冷ましながら味をなじませます。

これで塩チャーシューの完成です。

熱いとうまく切れないので、食べる時は冷めた状態でお好みの厚さに切り分けてください。

塩味でさっぱりしているチャーシューはいろいろな料理に合わせて食べることができます。

レタスなどの野菜と一緒にサラダとして食べても良いですし、そのままおつまみにしたり、ラーメンの具材にしたりもできます。

AdobeStock_90480936_R

いつもとは違うサッパリ味のチャーシューが食べたいと思ったら、ぜひ塩チャーシューを試してみてください。

簡単でおいしいのでおススメです。

レシピのアドバイスでは作り方のコツなどのほかに、圧力鍋を使わないで作る塩チャーシューのレシピも紹介しています。

そちらも参考にして、おいしい塩チャーシューを作ってくださいね。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_97488097_R

圧力鍋を使って作る簡単塩チャーシューのレシピを紹介しました。

このレシピの作り方のポイントやコツのほかに、圧力鍋を使わないでも作れる塩チャーシューの作り方も紹介します。

こちらも簡単レシピですので、参考にしてみてください。

まず紹介したレシピについて。

このレシピのポイントは圧力鍋で2回に分けて加圧したこと。

AdobeStock_93496061_R

一気に加圧するのではなく、2回加圧したことでとろとろのチャーシューになっています。

途中で裏返すことで、味が全体に行き渡りやすくもなるので、このひと手間は惜しまず行いましょう。

レシピで使ったのは豚バラブロックでしたが、ほかの部位で代用することもできます。

どの部位を使うかは好みもありますが、脂身が少なすぎるとパサパサ触感のチャーシューになってしまうので、バラ肉のほかには肩ロースやモモ肉あたりがおススメです。

一般的にチャーシューで使われているのは、このあたりの部位です。

AdobeStock_80228426_R

お肉と一緒にニンニクも入れましたが、ニンニクを生姜に変えても良いですし、両方入れても合います。

それ以外に、玉ネギや人参の切れ端など、野菜の切れ端を一緒にいれてもおいしくなります。

チャーシューを作ろうと思っても、圧力鍋がないという人もいると思います。

そこで圧力鍋がなくてもできる簡単塩チャーシューのレシピを紹介します。

材料は豚肉と塩、粗挽きコショウだけです。

AdobeStock_60732809_R

あまり煮込まないので脂身の多すぎない豚肩ロースブロックをおススメします。

もちろん豚バラブロックでも。

作り方は、まず豚肉にフォークで穴をあけて塩コショウをすり込みます。

お肉はラップを3重くらいに巻いてロール状に包み、両端をきつく結んでおきます。

これを冷蔵庫で一晩寝かせて味をなじませます。

お鍋にお湯を沸かします。

保温効果のある土鍋を使うと良いです。

AdobeStock_56878908_R

お湯が沸騰したらラップを外したお肉を入れて蓋をし、火を止めて数時間放置。

じっくりとお肉に火を通します。

お肉の真ん中あたりを切ってみて、火の通りを確認してください。

生のようでしたらお湯を再度沸かして肉を鍋に戻し、火を止めて置いておく行程を繰り返して調節して下さい。

直接火にかけずにじっくりと火を通したことで、しっとりとした塩チャーシューの完成です。

AdobeStock_45521249_R

放っておくだけの簡単レシピなので、こちらも試してみてください。

いかかでしたでしょうか。

ちょっとしたひと手間で、簡単においしい塩チャーシューが作れます。

気になったら一度試してみてください。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

  • 和・洋・中いろいろ!今日食べたくなるチャーシューのアレンジおかず

  • 自宅で簡単!初心者でも作れるお手軽チャーシューの作り方

  • フライパンでも作れる!美味しいチャーシューのタレのレシピ

  • 圧力鍋ひとつで簡単!焼き豚レシピ

  • 自宅で作れちゃう!思わず作りたくなる焼き豚レシピ4選