1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. タレ
  4. ランチにもおすすめ!チャーシュー丼のタレのレシピ

ランチにもおすすめ!チャーシュー丼のタレのレシピ

 2015/12/04 タレ チャーシューの作り方 この記事は約 4 分で読めます。 9,513 Views

ここでは、失敗ナシのチャーシュー丼のたれの配合を紹介します。

一人暮らしの夕食にもピッタリですし、もしもあまったらランチ用のお弁当にしても良いでしょう。

レシピ・作り方

AdobeStock_64772437_R

いろいろなレシピがありますが、醤油、酒、砂糖のみで作るシンプルなタレこそ美味しいという声もあります。

配合も本当にいろいろなパターンがありますが、すべて同量でまぜ合わせただけでも十分素晴らしい味になります。

いろいろと配合を変えて研究してみた結果すべて同量が一番美味しかったという意見もあるぐらい、簡単すぎるけどあなどれないバランスなのです。

AdobeStock_45521249_R

このたれを使えば本格チャーシューもお手の物ですが、どうしてもチャーシューはコトコトと長時間煮込まなくてはいけません。

忙しい毎日を過ごしている人にとってはどうしてもハードルが高くなりがちです。

そんな人には豚切り落とし肉を使ったチャーシュー風丼もおすすめです。

切り落とし肉に片栗粉をまぶしてフライパンに広げうっすらと焼き色をつけます。

そこに先ほどのたれを入れて焼き付ければできあがりです。

片栗粉をまぶすことでたれの味がつきやすくなり、チャーシュー風味が増すのです。

一人暮らしの夕食にもピッタリですし、もしもあまったらランチ用のお弁当にしても良いでしょう。

AdobeStock_70923241_R

ご飯とチャーシューだけでは味気ないという場合にはお好みでいろいろと野菜を加えてみましょう。

お弁当にはにおいが気になって使えないかもしれませんが、家で食べる時にはスライス玉ねぎが相性バツグンです。

スライス玉ねぎにさらに細切りのにんじん、かいわれなどをプラスすれば彩りも鮮やかな一品のできあがりです。

温泉卵や半熟卵をのせれば、トロトロした卵と甘辛いチャーシューのハーモニーも堪能することができます。

お弁当にするならば、スプラウトやブロッコリーのトッピングはいかがでしょうか。

さらに錦糸卵をちらせば女子力もアップ。

AdobeStock_41070431_R

会社に持って行っても恥ずかしくないお弁当のできあがりです。

いくら美味しくても何度か作っているうちにチャーシュー丼にあきてしまうこともあるかもしれません。

そんな時にはパクチーを添えてエスニック風にしたり、バジルとトマトをのせてイタリアンのようにしてみるのも面白いかもしれません。

チャーシュー丼はこうしてはいけないという決まりは何もありません。

たれが甘辛いシンプルな味なぶん、どんなアレンジも受け付ける懐の深さがあるメニューです。

AdobeStock_73663850_R

その日の気分次第でさまざまな味にチャレンジすることも可能です。

レシピ本に載っている通りではなく自分で工夫した一品を考えてみても良いのではないでしょうか。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_40971042_R

チャーシュー丼のたれの配合は、すべての調味料を同一の割合にするというのが黄金ルールです。

醤油、砂糖、酒が基本ですがここにみりんを加えてもOKです。

砂糖のかわりにはちみつを使っても良いでしょう。

黄金レシピのたれを使えば何杯でもおかわりできそうなチャーシュー丼ができますが、リピートしているうちに飽きてしまうこともなくはありません。

そんな時にはチャーシューマヨ丼はいかがでしょうか。

AdobeStock_77636225_R

その名の通りマヨネーズを加えたチャーシュー丼ですが、マヨネーズと照り焼き味はとても相性が良いのでもちろんチャーシューとの取り合わせもバッチリです。

そうとはいってもマヨネーズをかけただけでは味気なく感じることもあるでしょう。

白ごま、刻み海苔、七味唐辛子なども加えることで味に変化をつけてみてはいかがでしょうか。

この時、マヨネーズをもりっと中央にのせるのではなく、カフェめし風に細い斜線をたくさん描くようにするとオシャレです。

白髪ねぎもたっぷりと添えましょう。

もちろん、かわりチャーシュー丼をお弁当にすることもできます。

SONY DSC

お弁当にねぎのにおいはキツイので避けるとして、かわりにレタスをのせてみるのもおすすめです。

レタスとマヨネーズもよく合うのでますます箸もすすむでしょう。

マヨネーズの上にさらにうずらの卵のミニ目玉焼きをのせれば、見た目もとてもキュートです。

ブロッコリーやプチトマトをアレンジすれば女子高生も気に入るお弁当のできあがりです。

とにかくチャーシュー丼はたれの調合も簡単ですし、作り方もいたってシンプルなので、それ以外のところで工夫する余地がタップリとあります。

AdobeStock_80228426_R

せっかく作ったたれは日持ちもしますし、ほかの料理に使うこともできるので捨ててしまわないようにしましょう。

煮沸消毒した容器に入れて冷蔵庫で保存すれば一週間以上持ちます。

たれを継ぎ足し継ぎ足しして何年も使っている人もいるそうです。

ラーメン屋だけではなく一般家庭でもそのような秘伝のたれがある家もあるのですね。

ラーメン屋の秘伝のたれにはその名前の通りの門外不出のコツがあるのでしょうが、家庭の秘伝のたれはそのようなものはとくに必要ありません。

AdobeStock_45195159_R

調味料を同量で配合していてもその日の温度や湿度で微妙に異なる味わいのたれができるものですが、そういったものが累積していくことで得難い味のハーモニーが錬成されるのです。

ぬか床のように代々受け継がれるたれも、もしかしたらどこかにあるのかもしれませんね。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チャシュー作り方!柔らかい舌触りにみんながウットリ

  • チャーシュー作り方は簡単なんです!作り方とポイント

  • 超簡単!美味しい豚バラブロックのチャーシューのレシピ

  • 焼くからうまい!本格チャーシューのレシピ

  • 焼豚を安く自宅でも作ってみましょう!作り方とポイント

  • 簡単煮豚の作り方!料理初心者でも安心です