1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. 簡単絶品!味を比べてほしい叉焼のレシピ

簡単絶品!味を比べてほしい叉焼のレシピ

 2015/12/25 チャーシューの作り方 ポイント、コツ この記事は約 5 分で読めます。 1,001 Views

味のしっかりしみこんだおいしい叉焼の作り方を紹介します。

おいしい叉焼の条件の一つは味が豚肉にしっかりとしみこんでいることです。

調味料をたくさん使うこと以外で味をしっかりとしみこませるコツについても紹介します。

レシピ・作り方

AdobeStock_81864614_R

味がしっかりしみこんだ叉焼はおいしいものです。

香ばしくておつまみで、そのまま叉焼の味を楽しみたいと思わせてくれますね。

チャーシューの作り方にはいろいろあります。

簡単に作れるレシピや炊飯器、圧力鍋、オーブンなどを使ったレシピ、塩味や味噌味のチャーシューのレシピなど本当にいろいろありますね。

AdobeStock_40285448_R

その中でも本格的な叉焼ができるレシピを紹介しましょう。

本格的で絶品と言われているレシピですが、簡単に作れるという素晴らしいレシピです。

これができれば市販品を買わずに、自分で作ろうという気持ちになりますよ。

材料は豚ロースブロック、しょうゆ、料理酒、みりん、オレンジマーマレード、しょうが(チューブでOK)を用意します。

調味料もこれだけ?というくらい少ないですね。

AdobeStock_90149280_R

レシピは次の通りです。

まずは、豚肉にフォークなど先のとがったもので穴を開けます。

味がしみこむためには大事な作業なので省かないようにしましょう。

なるべくたくさんの穴を開けるのも大事です。

鍋の大きさに合わせて豚肉をカットします。

なるべく小さい鍋の方が、味がしみこみやすいです。

AdobeStock_67472926_R

小さめにカットした方が味がしみこみやすいということですね。

豚肉を強火で焼きます。

表面が少し焦げるくらい焼きましょう。

水を沸騰させ豚肉を投入します。

浮いてきた灰汁がていねいに取り除きます。

ある程度灰汁が出たら、しょうゆ、料理酒、みりん、オレンジマーマレード、しょうが、といった調味料を入れます。

灰汁が出たら丁寧に取っておきます。

AdobeStock_81117823_R

さらに野菜などの残り野菜があれば一緒に入れてもいいですよ。

味が出ておいしくなります。

そのまま1時間じっくり煮込みます。

1時間経ったら火を止めて冷まします。

ここで入れた野菜を取り除きます。

冷えたらアルミホイルやフタをして、冷蔵庫で2日間寝かします。

AdobeStock_55908098_R

この時にゆで卵を入れておくと煮卵ができますよ。

2日間寝かしたら、糸を取り、お好みの厚さにカットします。

後はラーメンや叉焼丼、おつまみなどさまざまな料理に使いましょう。

もちろん、そのまま食べてもおいしいですよ。

AdobeStock_97478193_R

煮汁を作る際にはなるべく濃いめに作りましょう。

思っているよりも調味料を多めに入れた方が味がしみこみやすくなります。

市販品ではなかなか思うような味の叉焼に出会えないものです。

レシピを覚えて自分で作ってみてはいかがでしょうか?

きっとおいしい叉焼ができますよ。

煮汁もいろいろな料理に使うことができますし、料理が楽しくなるに違いありません。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_80228403_R

おいしい叉焼というのはどういった叉焼でしょうか?

やわらかいということも大事ですが、味がしっかりとしみこんでいることが大事なことではないでしょうか?

味がしみこんでいないと、おいしくないです。

叉焼を作る際にも、調味料をたくさん使うということのほか、豚肉に穴をあけたり、冷ましたりといったことが、豚肉に味をしみこませるコツです。

特に日本で作る叉焼は煮込み料理として知られていますが、どのような方法で煮込めば味がしっかりとしみこむのでしょうか?

AdobeStock_60732783_R

味がしみこんでいるというのは、煮汁が豚肉にしみこんでいる状態です。

それは、煮汁に豚肉を投入して加熱すると、豚肉の細胞壁が破壊され、味がしみこんでいくというしくみになります。

細胞壁が壊れてしまう状態なので、栄養素や水分も流出してしまいます。

豚肉の栄養素をしっかり摂るには、煮汁ごといただくのがオススメです。

煮汁はいろいろな料理に使えるので、そういった点でも叉焼は素敵な料理ですね。

AdobeStock_46295492_R

煮込み料理の場合、加熱をしてすぐに食べてもおいしいです。

しかし、叉焼を美味しく食べるには、肉を冷ましてから、とよく言われますね。

それは煮汁が浸透するのは加熱が終わった後だからです。

加熱が終わりしばらくすると、豚肉の細胞壁が壊れているので、煮汁の分子が細胞内に入っていきます。

煮汁が浸透するのはゆっくりなので、数時間置いておくことで、味がしっかりしみこんでいくのです。

カレーなどの煮込み料理は一晩置いて温め直すと非常においしくなっていますよね。

AdobeStock_52691678_R

それは時間が経ったことで、煮汁が具材にしっかり浸透しているからです。

さらに使用した具材から出てきた旨みも煮汁の中でまざりながら、それが浸透していくために非常においしくなるのです。

特に叉焼はできてから冷蔵庫などで冷やしておくことで味がしっかりとしみこんでいきます。

長く置いておくとそれだけ味が浸透するので、冷ましておくというのは大事なことだということを覚えておきましょう。

AdobeStock_40971042_R

味をしみこみやすくするためには、最初に述べたように豚肉に穴を開ける、といったことも必要です。

むやみに調味料のしょうゆをたくさん入れると味が変わってしまうこともあります。

またコクを出すのはマーマレードだったりはちみつだったりしますので、そういった調味料を使うこともおいしく仕上げるコツです。

味を浸透させ、コクのあるおいしい叉焼を作るには、そういったコツをしっかりと実践することが大切ですね。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 甘い脂身がたまらない豚バラチャーシューのレシピ3選

  • 焼豚の作り方!知っておいて損はありません

  • 簡単!とってもおいしいチャーシューの作り方

  • 口に入れる前からとろけてる!圧力鍋でできるとろとろ焼き豚の作り方

  • 冷麺にも合う!圧力鍋でつくるトロトロ焼豚のレシピ

  • ラーメン屋さんみたいな巻いたチャーシューのレシピ