1. TOP
  2. チャーシューを使ったレシピ
  3. 簡単すぐ食べれる!焼き豚丼の作り方

簡単すぐ食べれる!焼き豚丼の作り方

チャーシューを使ったレシピ この記事は約 5 分で読めます。 9,041 Views

焼き豚丼は忙しい時や手をかけずに料理をしたい時に便利な料理です。

時間も短時間でできるので、待たせることもありません。

また、調味料やトッピングを工夫すれば、オリジナルな焼き豚丼ができます。

いろいろなレシピを紹介しましょう。

レシピ・作り方

AdobeStock_66071573_R

ランチというのは主婦にとって手をかけて作るのは面倒なものです。

一人であれば尚のこと。

朝ご飯の残りや夕べの残り物でパパっと済ませてしまうことも多いでしょう。

しかし休日のランチというと、旦那さんや子どもたちがいて、外に食べに行くのも面倒という雰囲気では何かを作らなければなりません。

そんな時に便利なのが、焼き豚丼です。

焼き豚なら大人も子どもも大好きな食材。

それを丼ものにすれば、おいしくいただけますね。

AdobeStock_16616775_R

焼き豚丼のレシピを紹介しましょう。

材料は焼き豚、刻みネギ、マヨネーズ、ご飯、たれの調味料として、水、中華スープの素、酒、みりん、しょうゆ、を用意します。

レシピは簡単。

鍋にたれの調味料を入れて半分程度になるまで煮詰めます。

スライスした焼き豚を入れてひと煮立ちさせ、ご飯のうえにのせてねぎをちらし、マヨネーズをかけてできあがりです。

AdobeStock_75417459_R

非常に簡単にできる焼き豚丼のレシピですね。

時間も10分とかからないのではないでしょうか?

これなら「ごはんまだできないの?」と言われる心配もありませんね。

しょうゆベースの焼き豚とはまた違った味になるのが、塩チャーシューで作る焼き豚丼です。

あっさりとした風味が魅力で、こちらもオススメですよ。

レシピを紹介しますね。

材料は、塩チャーシュー、塩だれ、ねぎ、七味唐辛子、ご飯です。

ご飯のうえに塩チャーシューをのせ、チャーシューのうえから塩だれをかけ、七味唐辛子、ネギをかけたらできあがりです。

AdobeStock_83406043_R

ここで使用するネギ塩ダレのレシピも紹介しましょう。

材料は、白ネギ、湯、ゴマ油、ポン酢、ポッカレモン、中華だし、にんにく、ブラックペッパー、塩、白ごまを用意します。

白ネギをみじん切りにして水にさらします。

水にさらした白ネギは水分をしっかり取ってボウルに入れます。

全ての調味料と白ネギをよく混ぜてできあがりです。

白ネギはみじん切りにした後、水にさらすのを忘れずに。

またしっかり水気を取るのも大切なポイントです。

どちらかというと塩ネギチャーシューを使った方のレシピは、女性向き、大人向きでしょう。

AdobeStock_62623508_R

さっぱりとしているので、二日酔いの翌日に作るのもいいかもしれません。

ポン酢のきいたネギ塩ダレは食欲をそそりますよ。

しょうゆベースの焼き豚丼は、焼き豚をあぶってからたれにつけると香ばしくておいしいでしょう。

一手間かけてあげると、よりおいしくなりますね。

何杯でも食べられてしまうので、食べ過ぎには注意しましょう。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_53250069_R

焼き豚丼は簡単にできて、時間もかからないお手軽なメニューです。

自分で作った焼き豚があればなおのことおいしい焼き豚丼ができますね。

もしお手製の焼き豚がなくても、市販の焼き豚を買ってくれば、たれを作るだけでおいしい焼き豚丼のできあがりです。

焼き豚丼はたれによって味もさまざまです。

しょうゆ味だったり、塩味だったり、といろいろな味を楽しめるのも、うれしいですね。

さらにもっと簡単に作る方法として市販のたれをつかうという方法があります。

例えばウナギのたれを使ったレシピがこちらです。

AdobeStock_30373877_R

材料は市販の焼き豚、もしくは自分で作った焼き豚、ご飯、ねぎ、ウナギのたれです。

材料も少なくて助かりますね。

焼き豚を食べやすいサイズにカットし焼きます。

もしくはバーナーで炙ります。

炙ると香ばしさが出てきますね。

火が通ったらご飯にのせ、ねぎ、ウナギのたれをかけてできあがりです。

トッピングに煮卵や温泉卵を添えるのもいいですね。

AdobeStock_67772330_R

温泉卵のレシピも紹介しますね。

フタつきの鍋に1リットルの湯を沸かします。

沸騰したら火を止め、200mlの水を入れて卵を入れます。

フタをして12分待ちます。

12分経ったらおたまで取り出し、3分待って生卵を割るように割ります。

温泉卵になっていますよ。

焼き豚丼のたれとして、しょうゆ、みりん、酒は定番です。

ここに七味唐辛子を入れて辛くしたり、豆板醤を入れてコクを出したりするのもおすすめですね。

AdobeStock_51324151_R

トッピングは白髪ネギが多いですが、メンマや刻みのり、白ごま、キムチなどもおすすめですよ。

また、ゆでた野菜をのせるのもオススメです。

アスパラガスやレタス、カリフラワーなどをゆでて塩やこしょうで味を少し付け、トッピングにしたり、キャベツの千切りやキュウリなどを入れたりしてもさっぱりといただけます。

お肉だけでなく、野菜もしっかり摂ることも大事です。

丼ものだと食材が少ないので、栄養が偏ってしまいます。

野菜もしっかり入れて作りましょう。

AdobeStock_65837829_R

焼き豚丼のたれを作る際に、いつも分量を気にしているのは面倒なものですね。

焼き豚丼で使う基本的な調味料はしょうゆ、酒、砂糖ですよね。

この調味料の比率は1:1:1です。

もちろん基本なので、もっと甘い方がいい、しょっぱいのが好きという場合は調味料の調節をしましょう。

AdobeStock_40285448_R

調味料をいろいろ使ってできる焼き豚丼。

いろいろな味を作ってみるといいでしょう。

トッピングにもこだわってみるのもおすすめですよ。

オリジナルな焼き豚丼ができるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チャーシューをリメイク!3食あっても大丈夫

  • 話題入りしたチャーシューのつくれぽを見てみた!

  • アレンジでもっと楽しむ!チャーシューを使ったお弁当のおかずレシピ

  • ご飯に合う!チャーシューエッグ丼のレシピ

  • チャーシューが作りたい!クックパッドのレシピはどんなやつがある?

  • チャーシューの煮汁アレンジ!使い回せるとっておきのレシピ