1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. 器材
  4. オーブン
  5. 甘みがポイント!オーブンで作るチャーシュのレシピ

甘みがポイント!オーブンで作るチャーシュのレシピ

 2015/12/27 オーブン チャーシューの作り方 フライパン ポイント、コツ 豚肩ロース この記事は約 5 分で読めます。 731 Views

チャーシューのオーブンを使ったレシピを紹介します。

タレは甘めのものができるようなレシピになっているのですが、砂糖にもさまざまな種類があります。

料理に使う砂糖の種類や特徴、メリットなどについても紹介します。

レシピ・作り方

AdobeStock_44554384_R

皆さんはどのようなチャーシューの味がお好みでしょうか?

ラーメンにのっているチャーシューはトロトロとしてやわらかいものが好き、おつまみとして食べるなら甘辛のもの、しょうゆがしっかりきいているもの、タレが甘い方がいい、などいろいろでしょう。

食べる料理によっても違ってきますよね。

いろいろな感想や好みがある中で、人気があるのは甘みがきいているもののようです。

確かにチャーシューのレシピには、必ずといっていいほど、砂糖やはちみつなどを使うようになっていますね。

AdobeStock_83911453_R

そこで、甘みのきいたチャーシューのレシピを紹介します。

今回はオーブンを使ったレシピです。

材料は、豚肉肩ロース、しょうがのすりおろしたもの、しょうゆ、料理酒、きび砂糖、です。

また、道具としてはタコ糸、ジップロック、耐熱皿、オーブンを使います。

レシピは次の通りです。

まずは下準備から。

すりおろしたしょうが、しょうゆ、料理酒、きび砂糖といった調味料はすべてジップロックに入れておきます。

AdobeStock_64040490_R

豚肉はタコ糸でしっかりと縛ります。

縛った豚肉はジップロックに入れて、少なくとも半日、できれば1日冷蔵庫に入れておきます。

途中で豚肉を裏返し、肉全体に味がしみこむようにしましょう。

フライパンで豚肉の表面を焼きます。

この時油は不要です。

中~強火の間の火加減で、全面に焼き色がつくまで焼きます。

AdobeStock_56566392_R

目安としては3分ほどです。

ここでオーブンを200℃にセットします。

表面を焼いた豚肉を耐熱皿に入れて、タレを塗り、オーブンに入れて35~45分ほど焼きます。

焼きあがったら、冷ましてできあがりです。

お好みの厚さにカットしていただきましょう。

甘みのきいたタレはいろいろな料理に使うことができます。

AdobeStock_54791905_R

もちろんチャーシューにかけてもおいしいですし、ラーメンのスープにしても、もちろんおいしいですよ。

焼うどんややきそばなどのソースとしてもいけます。

おにぎりのタレとしてもオススメです。

しっかり味がついているので、香ばしいおにぎりになりますね。

AdobeStock_43481847_R

タレを煮詰めて煮卵を作ることもできますよ。

炊き込みご飯やチャーシュー丼、野菜炒めやチャーハンの味つけ、鶏肉を煮る際にも使えます。

他の調味料がいらないので、簡単においしい料理ができるのがメリットです。

また、料理の味を変えたい時には、タレに豆板醤を入れて辛くしたり、紹興酒を入れて大人の味にしたりするのもいいでしょう。

チャーシューを作ったタレのさまざまなアレンジで、料理の幅を広げてみましょう。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_55534710_R

美味しいチャーシューを作る際にはタレは重要ですね。

甘味と辛味、しょっぱさが絶妙なバランスでできているタレは格段においしいです。

タレには甘みがあるとおいしいと言われていますね。

チャーシューのタレのレシピでは砂糖やはちみつ、黒砂糖などさまざまな甘みを出すための調味料が使われています。

それぞれどのようなメリットや特徴があるのでしょうか?

AdobeStock_86978531_R

砂糖は非常によく使用される調味料の一つです。

身近にあって、料理にも頻繁に使われるものなので、チャーシューのタレを作る際にも活躍しますね。

砂糖にも種類があり、よく使われているのは上白糖と呼ばれるものです。

白くてサラサラしていて、しょうゆに溶けやすいという性質があります。

AdobeStock_91803604_R

きび砂糖というのは、しぼりたてのさとうきび汁で作られ、さとうきびの風味が特徴。

ミネラルバランスがよく、風味や形状などを見ると黒砂糖よりも使いやすいという特徴があります。

さらに素材の臭みを取り除いてくれるというメリットもあります。

てんさい糖は、腸内環境をよくする天然のオリゴ糖がたくさん含まれている砂糖です。

まろやかな甘味があります。

三温糖は、上白糖よりも純度が高い砂糖でコクがあります。

お菓子作りなどによく使われるものです。

AdobeStock_79064234_R

ざらめという砂糖もありますね。

ざらめはゆっくり溶けるという性質があり、臭みを消してコクを出すという特徴がある砂糖です。

カステラなどに使われることの多い砂糖です。

黒砂糖が使われることもあります。

黒砂糖はサトウキビから汁を搾り取って、さらに不純物を取り除き、煮詰めて結晶としたものです。

AdobeStock_55532632_R

白砂糖からは取り除かれている糖蜜が入っていて、カリウムなどのミネラルが豊富に含まれているもの。

独特の甘みとコクがある味わいが特徴です。

チャーシューのタレによく使われるのがはちみつです。

はちみつは白砂糖よりもカロリーが低く、疲労回復、腸内のビフィズス菌を増やす、便秘の解消、肌荒れの予防などさまざまな効果があると言われています。

料理に使うことで、肉をやわらかくしたり、魚の臭みを消したりするという働きもあります。

AdobeStock_41405498_R

他にも角砂糖やグラニュ糖、氷砂糖などけっこうな種類の砂糖があります。

それぞれ特徴がありますので、料理によって使い分けるといいでしょう。

チャーシューを作る際には、どのようなタレの味にしたいか、コクがほしい、カロリーを抑えたいなどさまざまな目的に合わせてぴったりの砂糖を選ぶといいですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ほんのりしょうがが決め手!フライパン煮豚のレシピ

  • こんがりジューシー!おすすめの焼き豚レシピ3選

  • ランチにもおすすめ!チャーシュー丼のタレのレシピ

  • 煮るだけ簡単!胸肉で節約もできる鶏チャーシューのレシピ

  • チャーシューの巻き方、主婦必見のレシピはコレ!

  • 3種類あるチャーシューの味付け!でも定番はやっぱり○○です