1. TOP
  2. チャーシュー雑学
  3. ジューシーで美味しいチャーシュー丼!気になるカロリーは○○でした

ジューシーで美味しいチャーシュー丼!気になるカロリーは○○でした

チャーシュー雑学 この記事は約 5 分で読めます。 4,942 Views

チャーシューはおいしくてどれだけでも食べられてしまいますが、決して低カロリーの食べ物ではありません。

特にチャーシュー丼などはご飯もあるので高カロリーになりがち。

カロリーの数値を知り、ヘルシーなチャーシュー料理を食べるコツを紹介します。

チャーシュー丼のカロリーってどれぐらい?

AdobeStock_60614866_R

トロトロとやわらかくて、ジューシーで、ラーメンには欠かせないチャーシュー。

自分で作ればたくさんできるし、サラダや丼、おつまみなどさまざまな料理方法で食べることができる便利な食材です。

チャーシューがあれば、時間のない時などにすぐにおかずやおつまみとして調理することができますね。

チャーシュー丼もその一つです。

チャーシュー丼は特に作り方が簡単で、すぐにできることから、チャーシューがあればいつでも作って食べられるものです。

AdobeStock_55458947_R

しかし、そこで心配なのがカロリーです。

チャーシューだけでも高カロリーなのはみなさん知っていると思います。

特に豚バラなどはカロリーが高いですよね。

一般的にチャーシューのカロリーは100gで172kcalとされています。

ただしこれはタレがついていない状態のカロリーです。

これに砂糖やしょうゆなどが入ったタレがかかり、ネギやごはんを一緒に食べるチャーシュー丼はお店で食べると700kcalくらいになるものもあります。

お店の場合は、チャーシューの数も多かったり、大きなチャーシューだったりするのでより高カロリーになります。

AdobeStock_73548541_R

自分で作った場合は400~500kcalくらいでしょう。

この数値はご飯1杯のカロリーなので、おいしいからとおかわりをしてしまうと、100~200kcalがプラスされます。

チャーシューは市販されているものは脂肪が多いものが多く、カロリーもその分高くなりますので注意が必要です。

チャーシュー丼に使うチャーシューは、自分で豚肉を買ってきて、調味料を確認しながら作った方がヘルシーなチャーシューを作ることができますよ。

肉を選ぶ際も脂肪の少ない物にしたり、調理する際に余分な脂肪は取り除いたりすることもできます。

チャーシュー丼を作る際も、油をヘルシーなものに変えたり、ご飯の量を調節したりすることで、カロリーを減らすことが可能です。

AdobeStock_92170506_R

カロリーを気にしておいしいものを我慢するのはつらいものです。

市販のものはカロリーが高くなるので、自分でチャーシューを作り、チャーシュー丼も自分で作ることでカロリーを抑えることができますね。

おいしいものをお腹いっぱい食べるのもいいですが、ダイエットも大切なことです。

適度に脂肪がついている体ならいいのですが、太り過ぎは生活習慣病などを引き起こします。

ダイエットは食事制限だけでなく運動をすることが大事ですが、食事の面においても、我慢しすぎないメニューを家族と話し合って考えてみましょう。

チャーシュー丼も手作りの方はおいしいですしね。

その他のチャーシュー料理のカロリーはどれぐらい?

AdobeStock_91466802_R

とてもおいしいチャーシューですが、気になるのはカロリーです。

チャーシュー料理のカロリーはどれくらいあるのでしょうか?

チャーシュー料理といえばチャーシュー麺ですね。

こちらのカロリーは1杯約500kcalです。

チャーシューまんは1個265kcal。

肉まんが200kcalなので少し高めですね。

コンビニなどでよく売られているチャーシュー入りのチャーハンは約600kcalです。

AdobeStock_42471150_R

チャーシューおにぎりは約200kcal。

おにぎりは具材によってカロリーが大きく変わりますね。

チャーシュー料理のカロリーを比べてみると、驚くほど高カロリーではありませんが、低カロリーではないことは確かです。

チャーシュー料理を毎日食べていると、太ってしまう可能性も高いでしょう。

市販のチャーシューやチャーシュー料理は高カロリーです。

できればチャーシューは自宅で作りたいもの。

自宅で作る際にはカロリーを減らすためには、次のような点に注意しましょう。

AdobeStock_98492072_R

選ぶ肉は豚バラ肉よりも肩ロースを選びましょう。

豚バラ肉のカロリーはもも肉の3倍にもなります。

脂肪分の多い豚バラ肉は高カロリーなのです。

また、焼いたり、煮たりすることで脂肪を落とすことができます。

チャーシューを作る際に煮込んでいると、アクや脂が浮いてきますので、それはしっかりと取り除くようにしましょう。

AdobeStock_87572100_R

米のとぎ汁で煮ると、米糠のでんぷん粒子に脂が吸着し、溶けだした脂が肉に再度つかなくなりますよ。

ゆでる時間が長くなるほど脂肪は多く溶け出します。

また、どうしてもバラ肉を使いたい場合は、調理の前に余分な脂肪を摂り除くといいでしょう。

また油で焼くという方法もあります。

豚バラ肉を油で焼くと、豚肉の表面に脂が浮き出てくるのです。

油同士は溶け合うという性質があるため、焼くことでバラ肉の油が浮いてくるのです。

AdobeStock_46295478_R

また調理器具にも注意してみましょう。

テフロン加工のフライパンであれば油の量を減らすことが可能です。

またフライパンで肉を焼く時などは、よく温めてから焼くこと。

温めたフライパンなら油がすぐに広がるので余計な脂をひかなくてすむのです。

AdobeStock_44114247_R

またオイルスプレーというものがあるのを知っていますか?

こちらを使えばカロリーカットできますよ。

煮物などで脂が浮いてきた場合は、油取りシートを使って油を吸い取るようにしましょう。

ちょっとしたことでカロリーを減らすことができますので、面倒がらずに実践してみてください。

ヘルシーなチャーシュー料理を作り、太らないようにしましょう。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チャーシューの漢字表記「焼豚」と「叉焼」なぜ2つも?違いに迫る!

  • いっぱいできたぞ自家製チャーシュー!冷凍保存はどうやればいい?

  • いつも食べている部位はどこ?豚肉チャーシューと鶏チャーシュー

  • いっぱい出来た手作りチャーシューの賞味期限はいつまで?

  • 食べたことある?3分ですぐ食べれるサンポー食品の「焼豚ラーメン」

  • あなたは読める?漢字の「叉焼」の読み方と意味