1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. タレ
  4. 鍋で煮るだけ!チャーシュー丼のタレのレシピ

鍋で煮るだけ!チャーシュー丼のタレのレシピ

タレ チャーシューの作り方 この記事は約 5 分で読めます。 2,598 Views

チャーシュー丼は手軽に作れておいしい料理です。

しかもタレの味つけにはバリエーションがいろいろあり、さまざまな味を楽しむことができます。

特にチャーシューを焼いた後のフライパンでタレを煮込むことで、香ばしくておいしいタレができますよ。

レシピ・作り方

AdobeStock_48595844_R

休日のお昼ごはんや一人で家にいる時のランチには、手間をかけずにパパッと作れるものが便利ですね。

簡単なのはラーメンなどの麺類ですが、丼ものも手軽にできてオススメです。

そこで、チャーシューがあれば、チャーシュー丼を作ってみませんか?

冷蔵庫にあるチャーシューでおいしいチャーシュー丼ができます。

材料も家にあるものででき、タレを作るだけでいいのです。

簡単にできておいしいチャーシュー丼。

決め手はタレです。

AdobeStock_60732809_R

おいしいタレの作り方を紹介しましょう。

材料はしょうゆ、ハチミツ、みりん、酒、水です。

レシピは次の通りです。

材料のすべてを鍋に入れて、沸騰させます。

これだけでおいしいチャーシュー丼のできあがりです。

簡単ですね。

チャーシューを作る際にできるタレを使えば、もっと簡単にできますよ。

チャーシューとの相性もいいので、よりおいしいタレになるでしょう。

AdobeStock_24213073_R

ご飯にチャーシューを乗せ、タレをかければチャーシュー丼のできあがりです。

ネギや卵、メンマなどをトッピングするのもオススメです。

チャーシュー丼のタレのレシピもいろいろあります。

先に紹介したのは基本的なタレのレシピですが、調味料を変えることでさまざまな味が楽しめます。

簡単でちょっと変わった味を味わえるのが、うなぎのタレや焼き肉のタレなどを使うことです。

風味が変わって新鮮な味ですよ。

また、基本的なタレの調味料に豆板醤を加えればピリ辛のタレができますね。

AdobeStock_51324151_R

オイスターソースなどを使えば、中華風の味を楽しむことができます。

さっぱりしたタレがお好みなら、ポン酢などを使うのもオススメですよ。

柚子味だけでなく、梅味や青シソなどの味のポン酢もありますので、さまざまな味に挑戦してみるのもいいでしょう。

ドレッシングなどを使うのもいいでしょう。

ゴマドレッシングならコクと甘味が出て、まろやかな味になります。

イタリアンなどを使えば、洋風のチャーシュー丼ができますよ。

味噌としょうゆ、みりん、砂糖、酒などをあえれば、甘味のある和風の味を楽しむことができますね。

AdobeStock_86978169_R

チャーシューがあれば、タレはいろいろな素材をアレンジして作ることができますね。

冷蔵庫の中を覗いてみてください。

アレンジできそうな素材がたくさんあるでしょう。

さらにタレに合わせて野菜やトッピングなどを選ぶと、豪華で栄養満点のチャーシュー丼ができるでしょう。

タレの味が濃いとご飯が何杯でも食べられてしまうので、食べ過ぎには注意しましょうね。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_69961467_R

手軽にできておいしいチャーシュー丼ですが、ラーメン店で出されるチャーシュー丼がおいしいという声もたくさんありますね。

ラーメンのスープを使って作るタレがおいしかったり、チャーシューをバーナーで焼き香ばしさを出しているのが特徴だったり、いろいろなお店のチャーシュー丼があります。

どれもおいしさの秘訣は、ご飯とタレの相性がいいこと、量が適当であること、チャーシューはもちろんタレがおいしいことですね。

人気のあるチャーシュー丼には炭火であぶってあるチャーシューに、大根おろしとゆずがのっていて、さっぱりしているものやシンプルにチャーシューと三つ葉だけ、というものもあります。

AdobeStock_36666057_R

タマネギと温泉卵が絶品というチャーシュー丼を出しているお店もあります。

小松菜とネギ、刻み海苔などをトッピングしてあるチャーシュー丼も人気のようです。

お店で食べるチャーシュー丼はおいしいですが、家で作る際にもおいしいチャーシュー丼を作りたいものです。

そのコツにはどういったことがあるでしょうか?

チャーシューを焼いたフライパンで、タレを作ると香ばしさがタレに沁み込んでおいしいですよ。

AdobeStock_56566392_R

チャーシューの味も出ているので、コクのあるタレになりチャーシューとの相性もいいです。

タレを作る時に鶏ガラスープやかつおだしなどを入れるのもいいのですが、ラーメンのスープの素を入れると旨みが出ます。

簡単においしいタレを作るコツとして、覚えておくと便利です。

おいしいチャーシュー丼はついつい食べ過ぎてしまうものです。

ダイエット中の人にとっては、残念ですね。

そこで、ダイエット中でも安心して食べられるコツを紹介しましょう。

AdobeStock_57307473_R

大事なのはカロリーを抑えることですね。

そこでチャーシューとご飯を減らし、その分キャベツやキュウリを入れることで満腹感がでますよ。

タレをたくさんかけて食べれば、味もしっかりついているチャーシュー丼が食べられます。

ただしタレにマヨネーズや油をたくさん使っていると、カロリーを増やしてしまうので注意しましょう。

AdobeStock_89520909_R

タレはできるだけ油分を使わず、さっぱりしたものにするといいでしょう。

ポン酢を使ったり、ダシをきかせたりして味を薄めにすることも必要です。

味が濃いと食が進んでしまいますからね。

しかし、おいしいチャーシュー丼を食べているのに量を気にしているのもつらいものです。

満足できるだけ食べたら、その分運動をしてカロリーを減らしたほうがいいですね。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ダイエット中でもお肉が食べたい!低カロリーで安心して食べれる焼き豚のヒミツ

  • 焼き豚レシピ!ほっぺたが落ちるレシピはコレ!

  • レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

  • これはおいしい!味噌チャーシュー、作り方とコツ

  • クックパッドで話題!濃厚甘タレの黄金焼豚のレシピ

  • 圧力鍋ひとつで簡単!焼き豚レシピ