1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. ダイエット中でもお肉が食べたい!低カロリーで安心して食べれる焼き豚のヒミツ

ダイエット中でもお肉が食べたい!低カロリーで安心して食べれる焼き豚のヒミツ

チャーシューの作り方 豚肩ロース 電子レンジ この記事は約 5 分で読めます。 3,967 Views

ダイエット中には気になるカロリー。

豚バラ肉を使う焼豚は高カロリーです。

それを低カロリーでいただくには、肉の部位を変えてみたり、調理法にコツがあったりします。

それを紹介しましょう。

またダイエット中の人にオススメの「サラダチキン」についても紹介します。

低カロリーと評判!レンジで作れる焼豚

AdobeStock_71207065_R

トロトロのやわらかい焼豚はとてもおいしいものです。

しかし、脂身の多い豚肉を使った焼豚はカロリーも低くはありません。

特にラーメンなどと一緒に食べればアッという間にカロリーオーバーです。

ダイエット中はおいしい焼豚料理は我慢しなければいけないのでしょうか?

いいえ、そんなことはありません。

低カロリーでおいしい焼豚を作ることができるのです。

ダイエット中でも安心して食べられるカロリーを抑えた焼豚のレシピを紹介しましょう。

AdobeStock_65533135_R

材料は豚肩ロース、しょうが、ねぎ、スプラウト、塩、しょうゆ、みりん、酒、酢を用意します。

まずは豚肩ロースに脂肪があればカットし、フォークで刺して筋を取ります。

しょうがは薄切り、ねぎの青い部分は10cmくらいにカットします。

塩、しょうゆ、みりん、酒、酢を合わせ、袋に豚肉、しょうが、調味料を入れてもみながら混ぜ合わせ、冷蔵庫で30~1時間置きます。

途中、ときどきもみこんで味が肉全体にしみこむようにします。

ねぎは千切りにし、スプラウトは根を切り、水にさらして水分を拭き取ります。

AdobeStock_73225926_R

耐熱容器に豚肉をタレごと移して、ラップをかけずに電子レンジで加熱します。

500wで5~6分ほど加熱します。

途中裏表をひっくり返します。

タレはラップなしでレンジで加熱し、カットした焼豚にかけます。

ダイエット中に焼豚を作るなら、豚肉はバラではなくカロリーの少ない肩ロースを使いましょう。

バラ肉はもも肉の約3倍も高カロリー。

もも肉は低カロリーですが、焼豚を作るには少し硬めになってしまうので、肩ロースがオススメです。

AdobeStock_15515631_R

また、煮たり焼いたりすることで、脂肪分を落とすことができます。

電子レンジを使えば余分な脂肪を落とすことができるのです。

もし、どうしても豚バラ肉を使いたかったら、油をひいたフライパンで焼きましょう。

豚肉の脂肪が表面に出てくるので、それを取り除けばいいのです。

また、煮た場合、浮いた油が脂取りシートでしっかり取るようにしましょう。

AdobeStock_38425642_R

ダイエット中だからとお肉を食べないのはかえってよくありません。

特に豚肉はダイエット中でもオススメですよ。

なぜなら豚肉に含まれるビタミンB1には、熱を作る働きがあり、体温を上昇させて血行をよくしてくれるからです。

基礎代謝もアップするので、ダイエットにはオススメ、さらにビタミンB2は脂肪を燃焼して脂肪を蓄積させないといった作用もあります。

L-カルニチンも含まれているので、脂肪燃焼をサポートしてくれますよ。

ダイエットにもっと最適なセブンイレブンの「サラダチキン」

AdobeStock_64693485_R

最近女子高生の間でもはやっていると言われている、セブンイレブンの商品をご存知ですか?

それが、「サラダチキン」です。

高校生といえどもカロリーを気にするお年頃。

彼女たちが気に入っているのは、「サラダチキン」が、低カロリーで、簡単に食べられるからです。

「サラダチキン」の内用量は125g。

100gあたり105kcalという低カロリーなのです。

さらにオススメなのがタンパク質の量。

AdobeStock_52157889_R

100g中に23.8gのタンパク質が含まれているのです。

脂質は0.9g、炭水化物0.3gというダイエットには適している食品です。

ダイエット中には低カロリーで高タンパクの食品を摂ることが大切です。

タンパク質は臓器や筋肉、髪や爪、皮膚などを構成する成分です。

不足すると、免疫力が低下し病気になりやすくなったり、肌荒れを引き起こします。

AdobeStock_94487599_R

血行も悪くなるので、老廃物が蓄積して、むくみやすくなります。

さらに筋肉が減ってしまうので、脂肪が燃焼しにくい体になり、リバウンドしやすい体になってしまうのです。

特に女性は生理不順になったり、疲れやすく、だるさを感じたりしやすくなります。

そのため、ダイエット中でもタンパク質は摂るように言われるのです。

低カロリーで高タンパクの「サラダチキン」はそれを満たしてくれる食べ物なのです。

AdobeStock_73044193_R

「サラダチキン」が人気なのは、そういった効果だけではありません。

いくら低カロリーで高タンパクでもずっと食べていると飽きてしまいますよね。

「サラダチキン」はコショウでシンプルに味つけされ、蒸しているので、飽きが来ないのです。

調理も必要なく、手軽に食べられるのも人気の理由でしょう。

また、「サラダチキン」をアレンジして食べるのもオススメです。

レタスやキュウリ、トマトなどの野菜に入れるというシンプルな方法もいいのですが、オススメはセブンイレブンにある「チーズフォンデュ」につけて食べるという方法。

AdobeStock_29597739_R

チーズなのでカロリーを気にする人もいるでしょう。

しかし、チーズにはタンパク質が含まれていますが、これが満腹感を促して食べ過ぎを抑えてくれるのです。

さらにビタミンB群が多く含まれているチーズは、脂肪や糖質の代謝を高めるという作用があるのです。

そのため、「サラダチキン」を「チーズフォンデュ」で食べても太る心配がないということです。

さらにキムチで和えたり、スープに入れたりとさまざまなアレンジで楽しむことができます。

AdobeStock_97353603_R

ダイエット中の人はぜひ試してみてください。

セブンイレブンで売っている即席スープに入れるのも手軽でオススメですよ。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 有名ラーメン店の味!「麺の坊 砦」の焼き豚レシピ

  • クックパッドで話題!濃厚甘タレの黄金焼豚のレシピ

  • 自家製チャーシューの材料はどれ?料理ビギナーさんでもOK

  • 圧力鍋で簡単!お手軽チャーシューレシピまとめ

  • 甘みがポイント!オーブンで作るチャーシュのレシピ

  • 和・洋・中いろいろ!今日食べたくなるチャーシューのアレンジおかず