1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. タレ
  4. 愛媛のB級グルメ!焼豚玉子飯のタレのレシピ

愛媛のB級グルメ!焼豚玉子飯のタレのレシピ

タレ チャーシューを使ったレシピ この記事は約 5 分で読めます。 5,584 Views

焼豚玉子飯は愛媛県今治市のB級グルメです。

半熟の目玉焼きと濃いタレ、焼豚がのったご飯はとても人気があり、今治市では多くのお店でそれぞれの個性を出した焼豚玉子飯を食べることができます。

そんな人気の焼豚玉子飯のレシピを紹介しましょう。

レシピ・作り方

AdobeStock_46234033_R

世の中にはB級グルメと言われる食べ物があり、話題を呼ぶことも多いですね。

チャーシューを使ったB級グルメもあるのをご存知ですか?

その中の一つ、愛媛の今治焼豚玉子飯を紹介しましょう。

今治の焼豚玉子飯は、約50年前、中華料理店のまかないとして食べられていたそうです。

手早く、栄養をしっかり摂れるまかないということで、半熟の目玉焼きと焼豚の切れ端、それに焼豚の煮汁をかけて食べていたそうです。

それがおいしくて、そのままメニューになったそうです。

AdobeStock_97478193_R

当時は男子高校生に好んで食べられていたようですね。

現在は今治市のソウルフードとなり、市内では約60店舗で食べられます。

焼豚の厚さや部位、卵、タレの濃さなどが店舗によって特徴があるそうです。

そんな焼豚玉子飯、食べてみたいですよね。

そこで、焼豚玉子飯のレシピを紹介しましょう。

AdobeStock_72101283_R

タレの材料はしょうゆ、みりん、酒、砂糖、オイスターソース、しょうが、酢です。

作り方は、調味料を鍋に入れて中火で5分ほど煮詰めます。

冷めたら容器に移しておきます。

皿にご飯を盛り付け、焼豚を乗せます。

その上に半熟目玉焼きを作ってのせ、ネギ、先ほど作ったタレをかけてできあがりです。

温玉などを乗せてもいいですね。

AdobeStock_67772330_R

目玉焼きには塩こしょうをするのがポイントです。

作ったタレは焼豚玉子飯以外にも肉じゃがや焼鳥、野菜炒めなどに活用することができます。

焼豚玉子飯は時間をかけずにできる調理です。

愛媛県今治市でもすぐに出てくるのがメリット。

旨い、安い、ボリュームがある、というのは当たり前なのだそうです。

さらに早く出てくるというのは大事なポイントなのですね。

AdobeStock_43796982_R

今治焼豚玉子飯をおいしく食べるコツがあるそうです。

まずは卵の黄身を崩さないように半分にします。

半分にしたら、黄身を崩してぐちゃぐちゃにまぜます。

まぜて味をなじませて食べるのがコツだそうです。

今治焼豚玉子飯は、2007年にはファミリーマートが愛媛県と提携して弁当として商品化されているものです。

AdobeStock_62008057_R

さらに家庭用として専用のたれも出ています。

市販されているたれを使えばより簡単に焼豚玉子飯を作ることができますね。

ボリュームがあり育ちざかりの男の子や男性の口に合う料理として人気でしたが、近年では女性からも人気が出ています。

タレの味もいいですが、チャーシューの旨みと半熟卵の柔らかさが相まって、一度食べたらやみつきになるおいしさ。

今治のソウルフードを自宅で作ってみてはいかがでしょうか?

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_70182460_R

愛媛県今治焼豚玉子飯のポイントは、おいしい焼豚やタレはもちろんですが、半熟卵もポイントです。

半熟卵を作るのは意外と難しいものです。

半熟卵の作り方を紹介しますね。

お皿に卵を割り、液状の白身だけ取り除きます。

フライパンに油をひいたら、弱火にして、低い位置から卵をフライパンに移します。

empty pan

黄身を白身の中心に置きます。

弱火で3分焼きます。

フタをせずに焼きましょう。

これで半熟卵のできあがりです。

焼豚玉子飯では、目玉焼きに塩コショウをするのがポイント。

AdobeStock_34169549_R

おいしさが引き立ちますよ。

愛媛県の今治市では、焼豚玉子飯を提供しているお店がたくさんあります。

それぞれタレの味つけなど特徴があるようです。

例えば調味料は酢、しょうゆ、酢醤油、ソース、ラー油などが用意されていて、お好みで使うこともできるお店もあります。

ラーメンとセットになっていることもあるようです。

ラーメンとのセットはボリュームがあって、食べ応えがありそうですね。

焼豚との相性も抜群でしょう。

AdobeStock_69914571_R

タレが甘めが主流のようです。

それに酢や酢醤油をかけて食べるのもオススメです。

酸味が加わると、また違った味わいを楽しむことができますよ。

それぞれのお店では焼豚玉子飯のタレが販売されていることが多く、タレを購入することも可能です。

タレで牛肉を焼いて食べたり、スクランブルエッグにつけて食べたりするのもオススメです。

AdobeStock_50724755_R

また、お店によっては焼豚を細かく刻んであるお店もあります。

ネギをトッピングできたり、カレー玉子飯・マヨネーズかけなどアレンジレシピを提供したりしているお店もあります。

目玉焼きではなく、煮卵を使っているお店もあります。

しっかり味のしみた煮卵の焼豚玉子飯もおいしそうですね。

アスパラガスやトマトなどをトッピングしているお店もあります。

野菜がたくさん食べられるヘルシーな焼豚玉子飯は女性に人気です。

AdobeStock_42758824_R

バラ肉を使用したこってりした味わいを特徴としているお店も。

お店によって個性を出しているのが楽しいです。

愛媛に行ったら、いろいろな焼豚玉子飯を食べてみたいですね。

作り方は簡単なので、自宅でも手軽に作ることができます。

AdobeStock_76875386_R

基本に忠実に作って食べるのもいいですが、タレの調味料などに手を加えて、オリジナルの焼豚玉子飯を作ってみるのも楽しいですね。

焼豚と濃い味のタレと半熟の目玉焼きという、誰もが好きな食材を使っているので、多くの人に好まれるであろう料理・焼豚玉子飯。

休日のランチに作れば家族も喜ぶこと間違いなしですね。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チャーシューの煮汁アレンジ!使い回せるとっておきのレシピ

  • チャーシューたれで作る煮玉子のレシピ

  • 焼豚のたれ!みりんと砂糖が基本です

  • 時間をかけてじっくりと!激うまおつまみチャーシューの作り方

  • アレンジでもっと楽しむ!チャーシューを使ったお弁当のおかずレシピ

  • 半熟卵がタレにからんでたまらない!今治の焼豚玉子飯とは