1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. 器材
  4. オーブン
  5. 美味しいチャーシューは材料がポイント!知っておきたい作り方

美味しいチャーシューは材料がポイント!知っておきたい作り方

オーブン チャーシューの作り方 ポイント、コツ この記事は約 5 分で読めます。 1,362 Views

美味しいチャーシューは新鮮な材料や調味料にこだわっていることが多いです。

基本的な材料のほかに、オイスターソースなどを入れて作るとどうなるのか、どのような分量でどのような使い方をすればいいのかなどについて紹介します。

レシピ・作り方

AdobeStock_86978233_R

お店で美味しいチャーシューを食べると、家でもこんなに美味しいチャーシューができたらいいのに、と思いますよね。

しかし、チャーシューを家で作るにはどのような材料が必要なの?と気になるものです。

チャーシューのレシピを見ると分かると思いますが、いろいろな材料をそろえる必要はありません。

豚肉さえ買ってくれば、あとは家にある調味料で十分美味しいチャーシューを作ることができますよ。

チャーシューの材料は、基本的には豚肉、しょうゆ、酒、ニンニク、しょうが、ネギ、といったところです。

ただし、味や肉のやわらかさなどにこだわると、材料にも一工夫が必要です。

AdobeStock_60732783_R

紹介するのは、材料にオイスターソースと芝麻醤を使ったチャーシューのレシピを紹介しますね。

牡蠣のうまみが詰まったオイスターソースと、ゴマの風味が香る芝麻醤は、どちらも料理にまろやかなコクを与えてくれる調味料です。

これらを材料に加えることで、甘さが引き立つタレができ、チャーシューの旨みを引き出すことができるのです。

材料は豚肩ロースもしくは豚バラブロック、砂糖、しょうゆ、オイスターソース、しょうが、芝麻醤です。

作り方は次の通りです。

AdobeStock_88781361_R

まずはボウルに、しょうゆ、砂糖、オイスターソース、おろしたしょうが、芝麻醤を入れて混ぜ合わせます。

非常に甘いタレができます。

肉は繊維にそって、2~3cmほどの短冊にカットします。

短冊にカットすることで、火の通りがよくなり、味もしみこみやすくなりますよ。

混ぜ合わせたタレに肉をつけ、タレとよく絡めて、冷蔵庫で保管します。

できれば1日、少なくとも、半日は置いておきましょう。

冷蔵庫から出した肉をオーブンで焼きます。

210~220度のオーブンで40分程度を目安に焼きましょう。

S

ただし、オーブンによって焼き具合に違いが出るので、状態を確認しながら時間を設定してください。これでできあがりです。

食べやすい厚さにカットして盛りつけます。

タレはそのままかけてもいいですし、一度沸騰させてからかけると風味がいいタレができますよ。

肉を焼くことで旨みが出ますし、甘いタレがそのうまみを引き立たせてくれます。

SONY DSC

豚バラ肉は柔らかいチャーシューができますが、肩ロースを使うとしっとりとした味わいのチャーシューができます。

どちらも美味しいので、好みによって選ぶといいでしょう。

また、タレに漬ける時間が長い方が美味しくできあがります。

1日ではなくて数日漬けると、しっかりと味がしみこみますよ。

おいしくなるコツと豆知識

AdobeStock_45195160_R

美味しいチャーシューの作り方において重要なのは材料です。

作り方がよくても、材料が新鮮でなかったり、肉の脂肪が多すぎたりすれば、おいしいチャーシューができなくなってしまいます。

また、調味料の違いで味やコクに違いが出ることがあります。

チャーシューのレシピの中に時にオイスターソースが含まれていることがあります。

オイスターソースと言えば、中華料理によく使われる調味料ですね。

コクが深く、まろやかな味わいのするオイスターソース。

牡蠣の旨みがつまった調味料で、さまざまな料理に活用することで、料理にコクや甘味が出て美味しくなるのです。

AdobeStock_77131185_R

オイスターソースはアミノ酸、核酸が多く含まれ、その旨みとコクがあるため中華料理によく使われています。

台湾では牡蠣の代わりにしいたけを使って作られた精進オイスターソースというものもあるようです。

オイスターソースは隠し味の代表とも言われ、カレーをはじめおでんや豚肉の炒め物などに使うと、コクがでてまろやかな味になります。

料理に使う時には、オイスターソース1に対してしょうゆ2、砂糖1、酒1、酢1の割合で使うといいと言われています。

チャーシューのタレを作る際には、豚肉500~1kgで砂糖が100g、しょうゆ70cc、オイスターソースは小さじ2を目安に入れるといいでしょう。

また、まろやかな甘味を出してくれるのが芝麻醤です。

やはり中華料理の調味料の一つで、練りごまにゴマ油を入れるなど加工して作ります。

AdobeStock_65134448_R

香りがとてもよく、和え物などによく使われますね。

担担麺のソースとしても利用される調味料です。

しゃぶしゃぶのタレやゴマドレッシングなどを作る際に使うと、嫌味のない甘味とコクが出て、美味しいタレやソースができあがります。

チャーシューのタレを作る際に利用すれば、品のよい甘味が出て肉の旨みを出してくれるのです。

調味料は分量が大切です。

AdobeStock_90962349_R

どれくらいの分量で入れるのか、他の調味料との対比も必要です。

目安はありますが、自分の好みの分量を知るためには、いろいろ試行錯誤してみるといいでしょう。

お気に入りの味の分量を探して、より美味しいチャーシューを作りましょう。

AdobeStock_44114247_R

美味しいチャーシューを作るには、材料である新鮮な野菜や肉を選ぶことと、調味料にこだわってみることで、より美味しいチャーシューができるでしょう。

レシピを目安にして、自分なりにいろいろな調味料を使ってみるのもいいでしょう。

オリジナルなチャーシューができあがりますね。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ランチにもおすすめ!チャーシュー丼のタレのレシピ

  • 炊飯器でチャーシュー?とんでもなく簡単に作れちゃいます

  • 炊飯器に入れて低温でつくる煮豚のレシピ

  • こんな方法あるんだ!「チャーシュー」の色々な作り方

  • 焼き豚レシピ!ほっぺたが落ちるレシピはコレ!

  • 鶏チャーシューの作り方、これだけおさえて簡単料理!