1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

レンジで簡単!豚バラはちみつチャーシューのレシピ

チャーシューの作り方 ポイント、コツ 豚バラ 電子レンジ この記事は約 5 分で読めます。 1,323 Views

肉料理にはちみつを使うと、肉がやわらかく、ジューシーになります。

ツヤもでておいしそうになりますよ。

はちみつは体にとってもメリットが多いもの。

豚バラとはちみつを使ったやわらかくてジューシーなチャーシューのレシピを紹介します。

レシピ・作り方

AdobeStock_76132588_R

豚肉を使ったチャーシューのレシピはいろいろな種類がたくさんあります。

豚肉や調味料など基本的な材料は同じですが、もっとコクを出すための調味料であったり、辛味を出すための調味料があったりと、個性的なチャーシューのレシピもありますね。

簡単に作れるだけにバリエーションも豊かで、さまざまな味を楽しむことができます。

簡単にできるとはいっても、じっくりと煮込むことで、味がしみこみ、肉がやわらかくなるなど時間をかけることでおいしくなるとも言われています。

しかし、時には時間をかけずに、おいしいチャーシューを作りたいですよね。

短時間でやわらかくておいしいチャーシューを作るにはどういった方法で作ればいいのでしょうか?

AdobeStock_60732783_R

そのレシピを紹介しましょう。

やわらかいチャーシューを作るには、豚バラがオススメです。

肩ロースを使うレシピもありますが、ほどよく脂がありトロトロととろけるようなチャーシューを作るには、豚バラを使うのがオススメです。

さらに、簡単で短時間で作るために、レンジを使ったチャーシューのレシピを紹介しますね。

砂糖の代わりにはちみつを使ったレシピです。

AdobeStock_83911453_R

材料は豚バラかたまり、しょうゆ、酒、はちみつ、ショウガ、ニンニク、長ネギを使います。

レシピは次の通りです。

豚バラはフォークで刺して、火が通りやすいようにします。

しょうがとニンニクはおろし、長ネギは2~3cmにカットしておきます。

耐熱容器にしょうゆ、はちみつ、酒、しょうが、にんにく、長ネギを入れて混ぜ合わせ、豚バラを付け込んで冷蔵庫に30分以上入れておきます。

両面にタレがつくように、途中で裏返したりしてタレの味が肉全体に行き渡るようにしてくださいね。

タレに漬け込んだ肉にラップをかけ、電子レンジで6分、裏返して5分ほど加熱します。

楊枝や竹串を刺してみて、透明な肉汁が出るようであれば取り出し、肉汁が赤いようならさらに数分加熱しましょう。

加熱したらレンジから出して、冷ましてできあがりです。

AdobeStock_67331053_R

熱いうちに切り分けようとすると形が崩れてしまったり、うまく切れなかったりすることがあるので、冷ましてからカットするといいですよ。

電子レンジの時間は目安なので、自宅で作る際には肉の状態を確認しながら適した時間を見つけてください。

ただし、レンジで加熱しすぎると肉を硬くしてしまうので注意しながら加熱をするようにしましょう。

電子レンジを使って簡単にできるチャーシューの作り方です。

時間も短縮でき、手軽にできるのでぜひ試してみてください。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_88384292_R

お手製のチャーシューを作ってみたい、と思ったら電子レンジを使うと簡単にできますよ。

チャーシューのレシピはネットや本などにいろいろ載っていますね。

肉としょうが、にんにく、しょうゆ、ネギ、など基本的な材料は同じことが多いですが、時々砂糖の代わりにはちみつを使っていることもありますね。

コクのある甘味を出すためには砂糖が必要ですが、はちみつを使うとどう違うのでしょうか?

はちみつを使うメリットはいろいろあります。

その一つはお肉をやわらかく、ジューシーにしてくれることです。

AdobeStock_83389993_R

果糖とブドウ糖を含むはちみつは肉のタンパク質に入りこみ、固まるのを防いでくれるのです。

そのため、肉を加熱する際にも肉の組織が縮むのを防いでくれます。

はちみつを使うと、肉が冷えても固まりにくくなるのです。

さらに、肉の臭みも取ってくれる効果もあると言われています。

そのため、肉を漬けこむ際にはちみつを入れるのですね。

また、はちみつには有機酸が含まれ、肉の保水性を高めてくれるので肉汁が流れ出すのを防いでくれる働きがあります。

AdobeStock_54791905_R

また、はちみつは体にとってもいいものなのです。

80%が糖で構成されているはちみつは、そのほとんどがブドウ糖と果糖です。

これらはそれ以上分解する必要のない単糖と言われるもの。

そのため、すぐにエネルギーとして使うことができ、胃や腸に負担がかかりにくいのです。

お年寄りや運動をたくさんしている人には特にオススメですよ。

AdobeStock_42148297_R

はちみつはサプリメントや化粧品などにも多く使われていることからも分かるように、美容においてもメリットが多いです。

ビタミンやカルシウム、カリウム、鉄などのミネラルが多く含まれているので、体の機能を高めてくれるのですね。

美肌にもいいですよ。

さらに砂糖と比べると低カロリーなので、カロリーを気にしている人は砂糖よりもはちみつを使った方がダイエットになるでしょう。

AdobeStock_94053904_R

はちみつは加熱するとカラメル化され、肉にツヤを出しくれます。

こんがりとキレイに焼けるのです。

チャーシューのテカリはおいしそうに見えますよね。

はちみつの甘い香りが気になるのでは?と不安に思う人もいるかもしれませんが、はちみつの甘さは砂糖を使った時とほとんど変わりません。

AdobeStock_86978169_R

砂糖の代わりにはちみつを使うことで、やわらかくジューシーで、肉の旨みがギュッと凝縮されたチャーシューができますよ。

チャーシューだけでなく、肉料理などにはちみつを使ってみてもいいでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • ラーメン屋のチャーシューはなぜおいしいの?とっておきの作り方

  • 手作りチャーシュー!おいしく味を整えるために

  • 3分かからない!焼豚のタレのレシピ

  • 口の中でとろける!チャーシューを使ったオススメご飯レシピ8選

  • 簡単煮豚の作り方!料理初心者でも安心です

  • 煮込まない!オーブンで簡単につくる焼き豚のレシピ