1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. タレ
  4. フライパンでも作れる!美味しいチャーシューのタレのレシピ

フライパンでも作れる!美味しいチャーシューのタレのレシピ

タレ チャーシューの作り方 フライパン この記事は約 5 分で読めます。 971 Views

チャーシューを作った時にできるたれには肉の旨みや調味料の味がしっかりついています。

そんなチャーシューのたれをさまざまな料理に使うとおいしい料理ができますね。

またチャーシューのたれは少ない材料で簡単に作れるもの。

さまざまなアレンジを加えておいしいたれを作りましょう。

レシピ・作り方

AdobeStock_90149280_R

味のしっかりついたチャーシューはおいしいものですが、チャーシュー丼などを作る際には、チャーシューのたれが必要になりますね。

市販でもチャーシューのたれは売っていますが、自家製で作ったたれはおいしいものです。

しかもフライパンで簡単にできるのが魅力。

チャーシューのたれの作り方を紹介しましょう。

チャーシューのたれのレシピといっても、材料をフライパンに入れて煮詰めるだけというシンプルなレシピです。

AdobeStock_67119788_R

とても簡単に、しかもおいしいたれができるので試してみてください。

材料はしょうゆ、酒、みりん、砂糖、にんにくを使います。

にんにくは薄切りにしてもいいし、チューブのにんにくを使ってもいいでしょう。

作り方は鍋に材料を入れて弱火で煮詰めます。

それでできあがりです。

しょうゆの代わりにオイスターソースを使うと中華風になります。

ごま油などを入れると風味もいいですね。

材料にしょうがを加えると、旨みがでますよ。

AdobeStock_62550145_R

しょうがは健康にもいいものです。

体が温まりますので、冷え性で悩んでいる人にはオススメです。

血行不良も改善されるので、積極的に使っていきたい食材ですね。

しょうがを使ったたれは、チャーシューによく合いますよ。

チャーシューのたれを作る要領で、バリエーションを紹介しましょう。

風味をきかせたたれのレシピです。

材料は砂糖と水、しょうゆ、お酢を使います。

作り方は、鍋に砂糖と水を入れて、泡が大きくなり周りが茶色になるまで煮詰めます。

AdobeStock_44554362_R

このときかき混ぜないようにしましょう。

火を止めたら、しょうゆと酢を入れて混ぜます。

焦がしすぎると苦味が出てしまうので、薄い茶色になるくらいで火を止めるのがポイントです。

酸味のある香ばしいたれができあがります。

チャーシューはもちろん、ハムや普通のお肉などにかけてもおいしいですよ。

鍋やフライパンを使わずにできるチャーシューのたれもありますよ。

例えばポン酢と柚子コショウを混ぜる、ポン酢にわさびを混ぜる、ゴマドレッシングにゴマ油をまぜる、などいろいろなバリエーションが楽しめますね。

AdobeStock_77780859_R

鍋やフライパンで煮込まないので、さっぱりしていて低カロリー。

チャーシューの油が気になる場合は、このようなさっぱり系のたれで食べるのもオススメです。

チャーシューを食べたことのある人は多いですが、ちょっと変わった味のたれを作って食べてもらうのはいかがでしょう?

いつもとは違った味、イメージとは違ったチャーシューを楽しめるでしょう。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_62623770_R

チャーシューのたれは材料もいつも使っている材料でできて、作り方も鍋やフライパンに入れて煮詰めるだけ、というシンプルなものです。

それだけでもにんにくやしょうがなどの味がきいて、おいしいたれになりますね。

そんなおいしいたれはチャーシューだけでなく、他の料理にも使ってみましょう。

チャーシューのたれを使ったさまざまなアレンジレシピを紹介しますね。

例えば、チャーシューのたれを使って中華風おこわができます。

材料はご飯、もち米、チャーシュー、ニンジン、まいたけ、チャーシューのたれ、お水、だし、酒、ごま油です。

作り方はチャーシュー、ニンジン、まいたけは一口大にカットします。

ご飯ともち米は水で洗いざるに上げて、水分をきっておきます。

AdobeStock_17210889_R

炊飯器にお米ともち米を入れて、チャーシューのたれ、酒、水、だしを入れ、カットした材料、ごま油を入れて炊くだけです。

たれとチャーシューを使って、本格的な中華風おこわが簡単にできます。

このようにチャーシューのたれはさまざまなレシピに活用できます。

焼うどんなどのたれとしても使えますよ。

焼きそばでもいいですね。

バターや粉チーズを加えて、しめじやえのき、エリンギなどのきのこ類を入れて和風パスタもオススメです。

AdobeStock_19794359_R

また、煮物にも利用してみてください。

ジャガイモや里芋などのお芋をチャーシューのたれで煮ることで、味がしっかりしていておいしくできあがります。

コクもあるので、飽きない味に仕上がりますよ。

ジャガイモは電子レンジで加熱すると、火が通りやすく味がしみこやすくなります。

おにぎりの味つけにも活躍するのが、チャーシューのたれです。

ご飯にたれをまぶせば、味がつきますね。

AdobeStock_48674538_R

ゴマやチャーシュー、チーズなどをカットしてまぜ、おにぎりにするだけでチャーシュー入りおにぎりのできあがりです。

味もしっかりついていて、子どものお弁当にもオススメです。

また、味のしっかりしみこんだ煮卵もチャーシューのたれで簡単にできます。

ゆで卵を作り、殻をむいたら、チャーシューのタレにを入れてひと煮立ちさせます。

沸騰したら火を止めて、にたれが絡むようにころころと転がします。

1時間程度放置し、玉子が茶色くなったらできあがりです。

AdobeStock_32224186_R

チャーシューを作るとたれがけっこう余るものです。

それを捨ててしまうのはもったいないですね。

チャーシューのたれはさまざまな料理に使うことができます。

コクがあり甘味があるたれを使えば、味付けもしなくてすむので楽においしい料理ができますよ。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 超簡単!美味しい豚バラブロックのチャーシューのレシピ

  • ラーメンに入れるとより美味しい!豚バラチャーシューレシピ

  • 手作りチャーシュー!おいしく味を整えるために

  • ラーメン屋のチャーシュー、家でもできる作り方

  • ラーメン屋のチャーシューはなぜおいしいの?とっておきの作り方

  • これはおいしい!味噌チャーシュー、作り方とコツ