1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. タレ
  4. 余った煮汁を再利用!焼き豚のタレのアレンジごはん

余った煮汁を再利用!焼き豚のタレのアレンジごはん

 2016/03/15 タレ この記事は約 5 分で読めます。 37,437 Views

焼き豚のタレは肉の旨みや野菜の旨みなどが凝縮され、おいしくなっています。

これを使うといろいろな料理を簡単に、手軽に作ることができます。

炒め物や煮物など、いろいろな焼き豚のタレを使ったレシピを紹介しましょう。

定番の味付け玉子に利用しよう

AdobeStock_64159406_R

焼き豚のタレには肉の旨みや調味料、煮込む際に使った野菜などの旨みが凝縮されています。

そのため、味がしっかりついていて、コクがあり、どのような料理にも合います。

その代表と言えるのが味付け玉子ですね。

まずは味付け玉子のレシピを紹介しましょう。

材料は卵(Lサイズ)、しょうゆ、みりん、砂糖、ほんだし、しょうゆとみりんのかわりに麺つゆでもOKです。

AdobeStock_70922122_R

作り方は簡単です。

調味料を混ぜてその中に玉子を漬けこむだけです。

漬けこむ時間は半日から1日で十分でしょう。

甘辛い味付けで、チャーシュー丼のトッピングやラーメンのトッピングにもぴったりです。

焼き豚のたれを使って肉そぼろも作れます。

材料はひき肉、卵、砂糖、みりん、しょうゆ、焼き豚のタレを用意します。

ひき肉をぽろぽろになるまで炒めます。

AdobeStock_89484216_R

そこに焼き肉のタレを加えて煮詰めます。

さらに卵そぼろも同じように作ります。

卵の方だけ調味料を使いたい場合は、用意した調味料を卵とまぜて焼くだけでできあがりです。

生姜焼きも焼き豚のタレを使えば簡単にできます。

材料は豚ロース、焼き豚のタレ、しょうが、塩、こしょうです。

豚肉に塩こしょうをして、フライパンに並べます。

両面を焼き白くなったら焼き豚のタレを入れ、5分程度弱火で焼いていきます。

最後にしょうがを加えてできあがりです。

AdobeStock_70570914_R

甘辛のタレはご飯もすすみます。

豆板醤などを入れて辛味を増してもおいしいでしょう。

親子丼も焼き豚のタレを使えば、味の濃いしっかりとした味わいの親子丼ができますよ。

材料は鶏もも肉、卵、タマネギ、焼き豚のタレです。

鍋にタマネギと焼き豚のタレを入れて強火で2分煮ます。

一口大に切った鶏もも肉を入れて、中火にしてさらに2~3分程にて鶏肉に火を通します。

溶き卵の2/3を入れてフタをし、弱火で2分、残りの溶き卵を入れてフタをして、強めの中火で10秒煮ます。

器に盛ってできあがりです。

AdobeStock_97241649_R

親子丼はトロトロの卵が重要なので、火加減に注意し、状態を確認しながら作りましょう。

焼き豚のタレの味はしっかりついているので、味は保証済みですね。

さらに甘味が足りない場合は砂糖を出したり、風味を出したい場合はごま油を入れたりと、さまざまなアレンジして焼き豚のタレを使うといいでしょう。

味付けをしなくてすむというのは、楽で失敗も少ないです。

簡単で手軽にいろいろな料理を作ることができますね。

チャーシューを作る際には、焼き豚のタレをたくさん作って保存しておくととても便利です。

その他の再利用メニュー

AdobeStock_68344949_R

チャーシューを作る時に作る焼き豚のタレをたくさん作っておくと、さまざまな料理に使うことができるのでとても便利ですよ。

次にチャーシューを作る時にも利用できるので便利ですが、チャーシュー丼のタレや焼うどん、焼きそばなどのタレとしても活躍します。

味がしっかりついているので、余計な調味料を使わずにすむのも便利。

味も分かっているので、失敗もしないですみますね。

焼き豚のタレを使ってラーメンのスープもできますよ。

AdobeStock_86458090_R

チャーシューととても合うので作ってみてください。

材料は中華めんと水、焼き豚のタレです。

中華めんを茹でると同時に、水と焼き豚のタレを煮立てます。

器にスープを入れてよく湯切りした中華めんを入れてほぐします。

作り方はこれだけ。

チャーシューや海苔、ネギ、卵などをトッピングすればできあがりです。

AdobeStock_56663930_R

肉野菜炒めなども簡単にできてオススメです。

材料は豚こま、焼き豚のタレ、野菜があればできますよ。

フライパンに肉を入れて焼きます。

タマネギやニンジン、キャベツ、ピーマンなどの野菜を一口大に切って、肉に火が通ったら野菜を炒めます。

焼き豚のタレを絡ませながら煮詰めてできあがりです。

炒め物にも使いやすい焼き豚のタレですが、煮物にも使いやすいです。

大根とジャガイモの煮物のレシピを紹介しましょう。

AdobeStock_35772466_R

材料は卵、大根、じゃがいも、焼き豚のタレです。

卵はあらかじめ茹でておき、ゆで卵にしておきます。

大根、ジャガイモは皮をむいて食べやすい大きさに切ります。

焼き豚のタレを煮詰め、そこに卵と大根、ジャガイモを入れ、クッキングシートで落とし蓋をして沸騰したら中火で約20分加熱します。

火を一度止めて冷まし、食べる前に再度温めます。

チャーシューと同じで、冷める時に食材に味がしみこむので、茹でたら一度火を止めて冷ますといいですよ。

いろいろな野菜を使ったお煮しめも、焼き豚のタレを使えば楽にできます。

AdobeStock_84695257_R

材料は大根、にんじん、レンコン、ゴボウ、こんにゃく、油揚げ、鶏肉、水、焼き豚のタレです。

焼き豚のタレは濾して鍋で温め脂を取り除きます。

野菜を乱切りにして水を入れて煮ます。

鶏肉と野菜、油揚げを入れて焼き豚のタレを加え、煮込みます。

キッチンペーパーをのせ、フタをして弱火で煮込みます。

AdobeStock_80355297_R

火を止めて冷まし、味見をして味が足りなかったらタレを入れて煮込みます。

炒め物にも煮物にも使える焼き豚のタレ。

これがあれば、いろいろな料理を作ることができますね。

レパートリーも広がるのではないでしょうか?

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • 焼肉たれの作り方!風味豊かな料理を作るコツ

  • 本格チャーシュー!コツは調味料にありました

  • チャーシューたれで作る煮玉子のレシピ

  • 鍋で煮るだけ!チャーシュー丼のタレのレシピ

  • 焼豚のたれ!みりんと砂糖が基本です

  • 愛媛のB級グルメ!焼豚玉子飯のタレのレシピ