1. TOP
  2. チャーシューの作り方
  3. しょうゆに漬けるだけで簡単!東海林さだおの簡単チャーシューのレシピ

しょうゆに漬けるだけで簡単!東海林さだおの簡単チャーシューのレシピ

チャーシューの作り方 ポイント、コツ 豚肩ロース この記事は約 5 分で読めます。 1,430 Views

チャーシューを家で作るのは簡単だと言われますが、普段あまり料理をしない人や、得意でない人にとってはチャーシューなんて敷居が高いと思ってしまうもの。

そんな人にでもできる簡単なチャーシューレシピを紹介します。

レシピ・作り方

AdobeStock_85583795_R

チャーシューはあまり好きではない、と思っていた人がラーメン屋さんのチャーシューを食べて、「こんなにおいしかったのか」と驚くことがあります。

スーパーなどで売っているチャーシューばかり食べていると、チャーシューのやわらかさや旨みを実感することはできにくいかもしれません。

しかし、おいしいお店のチャーシューを食べれば、その旨みに驚く人も多いものです。

こってりしたチャーシューは苦手、という人でも豚肉の部位によってはさっぱりしたチャーシューを作ることもできます。

非常においしいチャーシューですが、意外と簡単に家でできるのです。

簡単にできるというレシピ・東海林さだおの簡単チャーシューのレシピを紹介しましょう。

AdobeStock_71601079_R

材料は、豚肩ロース肉、調味料はしょうゆのみ。

通常はネギの青い部分やしょうが、にんにくなどは使わないという超簡単レシピです。

まずは豚肉をタコ糸で縛っていきます。

画像などを見るとキレイにタコ糸で巻かれた豚肉が映っていますが、最初からそこまで美しくできる人も多くはないでしょう。

タコ糸で豚肉を巻くのは、形が崩れないためなので、しっかりと巻いてあれば大丈夫です。

AdobeStock_42659265_R

次に水を沸騰させ、縛った豚肉を投入し、30分程度ゆでます。

そこで完全に放っておくのではなく、途中で肉をひっくり返すようにしましょう。

肉の中までしっかりと火を通すためです。

30分ほど経ったら肉にクシを刺して、ゆで具合を確認。

肉汁が透明なら大丈夫です。

そこで赤い汁が出るようなら、もう少し茹でましょう。

AdobeStock_84874729_R

長くゆですぎると肉が硬くなってしまうのでは?と思うなら、弱火にしてコトコトと煮ること。

それで肉は硬くなりません。

ゆであがったら、しょうゆにつけます。

ボウルでもいいのですが、2リットルのペットボトルを使うと肉全体にしょうゆがしみこみます。

20分ほど放置してしょうゆから出して冷まします。

時間をおくほど肉に味がしみこむので、我慢して放置しておくといいでしょう。

AdobeStock_81554438_R

今回紹介したレシピは調味料はしょうゆだけ、という簡単お手軽レシピです。

それだけでも肉はしっとりとやわらかで、しょうゆの味がしっかりしみこんだジューシーなチャーシューができあがります。

さまざまな調味料を使って作るのもオススメですが、時間のない時や面倒だけどおいしいチャーシューが食べたいと思った時には、このような方法でチャーシューづくりをするのもいいでしょう。

料理があまり得意ではない人でも、これなら作れますね。

レシピのアドバイスとミニ情報

AdobeStock_65948531_R

「本格的なチャーシューを家で簡単に作れる」「手間がかからない簡単なチャーシューの作り方」など、チャーシューの簡単レシピはたくさんありますね。

しかし、料理をあまりやらない、得意ではない、という人の場合、チャーシューというだけで難しいもの、という先入観を抱いてしまうものです。

いくら簡単とはいえ、レシピを書いているくらいの人だから、料理上手な人に違いないと思うと、レシピを見ても難しそうに感じてしまうものです。

しかし、チャーシューは本当に簡単にできるものです。

もちろん、手間をかけて作る方法もいろいろありますが、初めて挑戦する、料理は得意ではないけれどやってみる、という人にオススメの簡単レシピもあるのです。

AdobeStock_55534710_R

例えばこちらのレシピ。

材料は豚バラブロック肉、塩、こしょう、ガーリックパウダー、しょうゆ、焼き肉のたれ、エバラトンテキのタレ、さらに卵焼き用のフライパンの取っ手を取ったものを用意します。

豚バラブロックに、塩、こしょう、ガーリックパウダーを軽くふりかけ、数分放置します。

トースターにフライパンを入れて、3分以上余熱し、豚肉を1000wで5分程度加熱します。

豚肉は脂身の方を下にしておくこと、余熱で10分置くことをお勧めします。

裏側、側面も4分程度焼き、10分ほど置きます。

AdobeStock_47449168_R

余熱で肉の中まで火を通します。

焼いた時に出た脂はそのままにして冷まします。

冷めたら別の容器に入れて、1晩置きます。

これでできあがりです。

鍋も圧力鍋もオーブンも使わず、トースターでできるチャーシューレシピです。手軽にできる気がしませんか?

またこんな簡単なレシピもあります。

豚バラブロックをフライパンで焼きます。

AdobeStock_38542794_R

鍋に焼き肉のタレ、水、肉を入れて弱火で2時間半煮てできあがりです。

圧力鍋を使う場合は、蒸気が出て弱火で30分加圧して完成です。

注意するのは、焼く時に焦がさないようにするだけです。

タレを作るのが面倒な場合は、焼肉のタレなどを活用してもいいですね。

そのままの味が好みでない場合は、しょうゆや砂糖などを足して、好みの味にすればいいのです。

AdobeStock_91803604_R

料理が苦手でチャーシューづくりも難しいと思う要因として、肉を硬くしないように火加減に注意しなければならない、最初からタレと煮ると硬くなってしまうなどいろいろなコツを最初からやろうとするからです。

まずは基本的な作り方、シンプルなレシピで作ってみてはいかがでしょうか?

基礎を覚えるだけで、後はレシピの注意書きに納得して簡単にできるでしょう。

\ SNSでシェアしよう! /

チャーシュードットコムの注目記事を受け取ろう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

チャーシュードットコムの人気記事をお届けします。

  • 気に入ったらブックマーク! このエントリーをはてなブックマークに追加
  • フォローしよう!

関連記事

  • チャーシューの巻き方、主婦必見のレシピはコレ!

  • 煮豚の作り方!料理マニアが教えるコツ

  • ランチにもおすすめ!チャーシュー丼のタレのレシピ

  • 隠し味が入ってる!チャーシューのタレのレシピ

  • 焼き豚とチャーシュー!使い回せるレシピ

  • 圧力鍋でかんたん!玉ねぎソースのチャーシューレシピ